[PR] 最大100%OFFの激安タイムクーポン

2008年04月11日

ビールダイエットの友

 ビールダイエットは、何度もいうように空腹感をどれだけ管理できるかが成功のポイントです。そこで、この方法の友とも呼べるお助けマンを紹介しましょう。もちろん、単に晩飯を置き換えるだけで減量できちゃう人には、必要がないでしょうけどね。でも、知っておくと、どこかで役立ちますよ。

 空腹感は、血糖値が関係しているという話をしました。ということは、血糖値さえ上げてやれば、空腹感が薄れるはずです。でも、血糖値というのは、食べ物が消化吸収されて、はじめて上昇するもの。そう簡単に血糖値を上げられるようなものがあるでしょうか?しかも、低カロリーでなければなりません。なんといっても減量中なのですから。

 そんなときに役立つのが、「飴玉」です。これがなかなかのお助けマンなのです。ご存知でしたか?まずは飴玉の成分のほとんどは糖分です。糖分は、脂肪やたんぱく質などと比べて、とても消化吸収が早いのです。でんぷんなどの炭水化物は、糖分にまで分解されるのに時間がかかりますが、飴玉はもうその糖分の状態なのです。

 しかも、飴玉は固い。これがいいんです。もしキャラメルやチョコレートだと、すぐに胃の中に入ってしまいますよね。すると、いくら消化吸収が速いとはいえ、その前に次がほしくなってしまいます。ところが飴玉だと、まだ口の中。なかなか胃には入っていきません。

 口の中で溶けた糖分が少しずつ少しずつ胃に入って、消化吸収されていくのです。徐々に血糖値が上がり、飴玉が溶けてなくなってしまうころには、すっかり血糖値も上がっていることでしょう。だから、たった1個の飴玉でも、空腹感を和らげることができるのです。
posted by ビールマン at 17:00| Comment(0) | 理論と実践方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


[PR] 究極のダイエットスパッツ「DREAMFACTOR」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。